ALMOSTBLACK

ALMOSTBLACK (オールモストブラック)
-Instagram Account-
@almostblack_official
"褐色"という意味を持つ"ALMOSTBLACK(オールモストブラック)"。黒く見えるほど深い藍色をしている。平安時代"褐衣(かちえ)"という藍で染めた服が存在した。藍染めし、さらに光沢を与えるため、すり鉢で叩いて作られ"搗く(つく)"または"搗く(かつ)"と呼び、"搗染め(かちぞめ)"と呼んだ。その武官たちが着る"褐衣"を"褐色(かちいろ)"と呼ぶように、鎌倉時代"勝つ"と結びつけられ縁起物として武士たちが愛好したという。そして江戸時代には"かちんいろ"と呼ばれ、明治時代、軍服が紺色だったため"軍勝色(ぐんかちいろ)"と呼ばれた。古くから日本人に愛された"褐色"をブランドネームにし、日本人のスピリットを感じさせる"褐色服"を目指している。